上手なマスカラの塗り方

上手なマスカラの塗り方

メイクをする際に目元に力を入れる人はとても沢山いますが、マスカラが上手に塗れず、困った事もあるのではないでしょうか。

マスカラにも様々なものがあるので、当然商品による違いも出てくるのですが、基本的に、上手なマスカラの塗り方としては、まずしっかりとビューラーでまつげを上げる事です。
まつげを上げた状態にした上でマスカラを塗らないと、まつげがマスカラの水分による重みで下がるので、綺麗な仕上がりになりません。
ですから、少し上げ過ぎだと思う位にビューラーでまつげを上げてからマスカラを塗りましょう。

 

それから、マスカラを塗る時に、まつげの生え際から毛先に向かって、真っ直ぐに塗る人がいますが、細かくマスカラのブラシを左右に動かしながら塗ると良いです。
真っ直ぐに塗ると、マスカラの成分でまつげ同士がくっついてしまい、ダマになったりしますが、ブラシを左右に動かすと、こうした事も少なくなります。
上記のような方法でも難しいのであれば、マスカラを塗った後に、まつげコームを使用すると良いですね。

 

また、仕上がりがわからないからと、真っ直ぐに鏡を見ながらマスカラを塗るよりも、片目だけをしっかり鏡に向けて、マスカラを塗る目は伏し目にすると、まぶたにマスカラが付着してしまう事も少ないです。

 

上手なマスカラの塗り方を知っておけば、時間が無い中でも綺麗な仕上がりになります。
最近はマスカラのブラシも良いものになって来ていますから、以前に比べると塗りやすくなっていますね。
どうしてもマスカラがまぶたに付いてしまうようであれば、マスカラを塗る時にまぶたにティッシュを置いたり、テープを貼ってみるのもお勧めです。