正しいビューラーの使い方

正しいビューラーの使い方

マスカラに塗る前には必ずビューラーを使用しますが、ビューラーの正しい使い方や選び方を知らないと、まつげに負担を与えたり、まつげが抜ける原因になります。

 

ビューラーは何でも同じでは無く、自分の目のカーブに合っているものや、しっかりとまつげを挟んでくれる素材のものを選びましょう。
一般的にまつげを挟む部分はゴムになっていて、弾力性がありますが、あまりにも価格の安いビューラーの場合にはゴムが固く、まつげを傷付ける事があります。
また、カーブについても、きついものは目尻のまつげを挟むのが難しいので、緩やかなものが良いでしょう。

 

ビューラーを使う時に、力一杯にまつげを挟んでしまう人がいますが、力を入れれば入れるだけ、まつげが上がる訳ではありません。
力を入れず、根本から毛先に向かって細かくビューラーを動かしながら使いましょう。
また、力を入れなければ、まつげが上がらないようであれば、使用されているゴムが固くなっていたり、上下の噛みが悪く、しっかりとまつげを挟めていない可能性がありますから、確認してみましょう。

 

ビューラーの正しい選び方や使い方を知らないと、力任せに使ってしまい、まつげが数本抜けてしまったり、トラブルの元になります。

 

マスカラを塗ってから、仕上げにビューラーを使用する際は、本当に弱い力で行いましょう。

 

また、ゴムに付着したマスカラは、面倒でもその都度綺麗に拭き取って下さい。
細菌が繁殖し、まぶたの炎症を招く場合があります。近年は目尻部分だけを上げる為のビューラーもありますから、使い分けるようにすると、仕上がりも美しく、トラブルも少なくなります。